FISの社長の挨拶

社長の挨拶

株式会社FISは創業以来、企業様、健診機関様、健康保険組合様の健診データ処理アウトソーシングを提供する、 信頼できるパートナーであることを目指し、これまで歩んでまいりました。また、健診処理システムや、 社員の健康管理を手助けするシステムなど、様々な複雑なシステム開発をも手掛けてまいりました。

創業当初は、若いメンバーを中心に苦労して受注業務をこなすベンチャー企業でしたが、 当時から変わらないのは、常にお客様にとってベストソリューション・パートナーでありたいという気持ちです。

お客様が求める高い水準のご要求に的確に応えるためには、エンジニアによる「高度な技術」だけではなく、 「柔軟で、きめ細やかな対応」や、お客様の「ご要望を的確にとらえ、応える」ことが不可欠と考えております。

私自身、中学生時代の課外活動で、大阪府と和歌山県の境に位置する和泉葛城山のブナ原生林の生息状況を調査し、データベース化する活動に参加しておりました。このブナ原生林は、日本最南端に生息する大変貴重なもので、生息状況のデータを収集するため、週末は和泉葛城山へ登り、データベース作りに励んでいました。

また夏休みの自由研究では活性炭の研究を行い、様々な植物から作った活性炭の浄化度のデータを収集していました。後にこの研究は評価され、大阪府の学生科学賞の最優秀賞に選ばれました。

今こうして考えると、それらは私にとって、データを扱う仕事の原点であったように思います。

学生生活を終えた後は、海外留学と、その後の5年間NPOにおける発展途上国での活動も経験しました。それらを通して培ったのは、 柔軟で幅広いものの見方やコミュニケーション力であると感じております。これまでの様々な経験を現場へ フィードバックし、お客様に常にベストソリューションを提供するうえで役立てていきたいと思っております。

Flexible・・・柔軟な対応
Intelligent・・・高度な技術
Suitable・・・ご要望への適応

これこそが社名に込められた思いです。

企業活動を取り巻く環境は、日々急速に変化しております。高齢化や生活習慣病の増加により、国民医療費が 過去最高を更新している中、健康促進や疾病予防を積極的に推進するための環境整備が急務となっています。 私ども株式会社FISは、企業様、健診機関様、健康保険組合様のそうした取り組みをサポートすると共に、お客様に信頼され、期待され、選ばれる会社を目指し、さらなる成長を続けていきたいと考えております。

_3546db615986030c13e2bcd99aa88293-300x265   代表取締役社長  天野  要

 
  • 会社概要
  • 社長の挨拶
  • スタッフ紹介
  • 採用情報
  • アクセスマップ